2016年6月28日火曜日

PFIスクール

ちょっと体辛かったんですけどね、どうしても出ておきたかった研修があったんで、大阪まで行ってきました。

全12回コースのPFI・PPPスクールです。
日本PFI・PPP協会ってところが主催です。

PFIって何よ!って方もみえると思うのでざくっと説明しますと。
Private Finance Initiative の略で、直訳は「民間の財源を使った事業」ってな感じで、これにもとづいて「民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律」俗に言うPFI法ってのが1999年の7月に公布されてまして、この法律にのとって行われた公共事業がPFIだと考えてもらって結構です。

法律の名前を読むとなんとなくイメージがつくと思うんですが、
公共事業っていうと基本市なり、県なり、国がお金を出して行う事業です。
市立病院、私立小中学校、下水道、上水道、県道、空港などなど。
これらの事業を、民間が民間からお金を調達してきて建設し、運営までも任せることで公共事業費を削減することを目的にして、PFI法によってこれを可能にしました。

PFIは設計、運営、意地管理を全てSPC(Special Purpose Company)つまりPFI事業運営のために特別設置された会社によって執り行われます。
これによって
日々の運営の効率化を考えて設計ができる。すなわち運営面でのコスト削減が見込める。
運営と管理・修繕が設計も含めた同一会社の責任になるため、適切な管理運営が見込める。
また、SPCが利益を得ることが認められているため、運営によって得た利益で設計費用を返済していくことができるため、
事業の内容と、そのデザインの仕方によっては、独立採算型といって公共の支出一切なしで公共事業を実施することも可能になります。

そのちょー有名な例が
豊島区の新庁舎
いろいろ賛否はありますが、上部を分譲住宅にすることで建設費における公共支出は事実上ゼロ。
画期的でした。

ちなみに津市にもPFIで建てられた施設が一つあります。
新斎場です。
これはPFI法に基づいて建てられたのでPFI事業として認識されています。
が、PFIのPF、つまり民間資金は投入されていません。通常の公共事業と同じように市債と合併特例債を主に資金が調達されています。これはとっても重要なポイントで、私はこの事業がPFIの最も重要な本質を完全に無視した「PFIもどき」だと思っています。詳細は割愛します。機会があればまた別の折に。

これから国の収入が減り、地方の収入が伸びない中、公共事業を一切行いません、
これからはおとなしく何も建てずに、ひっそりと自治体運営していきます。というわけにはいきません。
頭を使って民間の資金を運用する方法を取り入れて、金がなくても事業を進めなければならない時代に入ってきています。
ある意味嫌が応なしに。
PFIを、やるかやらないか、の選択ではなく、どううまく活用するか、の選択です。

今回は概要として総論を聞いただけなので、具体的な事例紹介などはありませんでしたが、
一つだけ、今までPFIを追っかけていながら知らなかったことがあり、今日の大収穫でした。

1999年にPFI法が公布されていても、あまり積極的に使われなかったり、本来の意味で有効活用されてこなかった経緯が、残念ながらあります。なぜか、というのは長くなるので割愛します。
結果これまで何度となく利用促進のための法改正がされてきたのですが、
昨年末、いよいよ特定の自治体には、特定の金額の公共事業に対して、PFIとして事業を行う方が得かどうかを判断する「導入可能性調査」というものを「義務付ける」という通知が出されました。
この自治体に津市も含まれます。

繰り返しですが、やりたくないからやらないという選択肢はもう残されていません。
勉強してうまく活用する必要があるので、これからあと11回、しっかり勉強してきます。

ちなみに

この研修会出席に関しては、管外行政視察ということで、政務活動費を使わせていただいております。研修費は協会の意向で行政関係者は無料なのでかかりません。往復の交通費と日当およそ2000円ほどをいただいております。

2016年6月22日水曜日

自民党全国比例まとめ

あぜもと 将吾
 1980年 社会保険広島市民病院 (現:広島市民病院) 放射線科 勤務
日本診療放射線技師連盟 副理事長
http://www.azemoto.jp/%E7%95%A5%E6%AD%B4/

足立 敏之(あだち としゆき)

昭和54年 4月 建設省(現 国土交通省)入省。
平成26年 7月 国土交通省退職
http://www.adachi-toshiyuki.jp/profile/

あだちまさし

平成19年 自由民主党より参議院議員選挙全国比例代表候補として出馬(17万票取るも次々点)
平成22年 自由民主党より参議院議員選挙全国比例代表候補として出馬(次々点)
平成26年 12月 繰上げにより参議院議員初当選
http://www.masashi-adachi.com/#profile

小川かつみ

公益社団法人日本理学療法士協会 副会長
http://ogawa-katsumi.com/

大江康弘

県議会議員を5期
(自由民主党→)(新生党→)(新進党→)
(無所属→)(自由党→)(民主党→)
(改革クラブ→)(無所属→)(幸福実現党→)
(無所属→)自由民主党
http://www.oe-yasuhiro.com/

片山さつき

2005年8月、財務省を退官。
2005年11月、第3次小泉改造内閣で経済産業大臣政務官に就任。
http://www.satsuki-katayama.com/

堀内恒夫

1965 第1回ドラフトで巨人1位指名。18年間の現役生活で12回のリーグ優勝に貢献
2013 8月 参議院議員(比例代表)繰り上げ当選
http://www.horisan18.com/profile.php

藤木しんや

熊本農業高校畜産科を卒業後、昭和61年就農。
全国農協青年組織協議会 元会長(平成17年)
上益城農業協同組合(JAかみましき) 前組合長
http://www.fujiki-shinya.com/profile/

藤井もとゆき

昭和44年 4月厚生省入省
平成12年 4月日本薬剤師連盟副会長、(社)日本薬剤師会常務理事
平成19年 7月29日参議院議員選挙 得票数168,185票
http://mfujii.gr.jp/profile

とくしげまさゆき
昭和61年4月 郵政省入省
平成28年1月 一般財団法人 日本郵政退職者連盟 顧問就任
http://tokushige-m.jp/profile/


たかがい恵美子

日本看護連盟の組織内候補だった南野知恵子の引退を受け、後任候補として2010年(平成22年)の第22回参議院議員通常選挙の比例区に自民党公認で出馬し初当選した。
http://www.takagai-emiko.net/

山田宏

昭和56年 松下政経塾に第2期生として入塾
昭和60年 東京都議会議員に当選(史上最年少)2期8年務める
平成5年 衆議院議員選挙に立候補、当選
平成11年 杉並区長に当選
(新自由クラブ→)(自由民主党→)(日本新党→)
(新進党→)(無所属→)(日本創新党→)
(日本維新の会→)(次世代の党→)自由民主党
https://www.yamadahiroshi.com/

山谷えり子
家族政策の充実、教育再生、拉致問題の解決を訴えながら、議連の会長、幹事長を数多くつとめる。(日本の領土(竹島、尖閣諸島等)を守るため行動する議員連盟(会長)、北朝鮮に拉致された日本人を早期に救出するために行動する議員連盟(副会長)、日本のうたとおはなし伝承普及議員連盟(幹事長)…など
http://www.yamatani-eriko.com/

青山繁晴

民間シンクタンクの独立総合研究所代表取締役社長
http://shiaoyama.com/


竹内いさお

1974(昭和49)年4月 建設省に採用される。
2002(平成14)年4月 鳥取市長就任(1期目)
2014(平成26)年4月 市長退任後、鳥取市市政顧問に就任(2016年12月現在に至る)
https://www.isao-takeuchi.com/

中西さとし
平成11年5月より平成27年4月まで、4期16年間、高知県議会議員

http://www.s-nakanishi.jp/

うとたかし

平成10年 3月 防衛大学校(第42期)卒業 (理工学部 航空宇宙工学科)
平成10年 4月 航空自衛隊入隊
平成19年4月 松下政経塾入塾(第28期生)
平成22年7月26日、国会議事堂に初登院。
http://www.utotakashi.jp/profile/


今井絵理子
SPEED
http://ameblo.jp/eriko--imai/


伊藤ようすけ

シャインズを結成しCDデビュー
東京プリン(とうきょうプリン)
伊藤ようすけ(右プリン)
http://www.itoyosuke.info/


そのだしゅうこう

昭和62年 鹿児島県議会議員選挙(2期)
平成8年 第41回衆議院議員総選挙で鹿児島2区から自民党公認で立候補して当選
平成13年 社会福祉法人旭生会理事長就任
平成18年 特別養護老人ホーム旭ケ丘園施設長就任
http://sonodashuko.com/profile

進藤かねひこ

昭和61年 4月 農林水産省入省
平成27年6月 農林水産省辞職
http://www.shindo-noson.jp/profile.html

自見はなこ

2004年東海大学医学部医学科 卒業
2007年東京大学医学部小児科入局・同附属病院小児科勤務
2014年12月24日、日本医師連盟が自見庄三郎の次女である自見はなこを組織内候補として次期参議院選挙候補に擁立することに決定
http://www.jimihanako.jp/

宮島よしふみ

昭和47年4月 長野県入職 県立木曽病院 技手
平成24年5月 一般社団法人日本臨床衛生検査技師会 会長
http://y-miyajima.com/

水落としいえ

(一財)日本遺族会会長
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/giin/profile/7004059.htm


増山としかず

昭和60年4月 通商産業省(現経済産業省)入省
平成27年8月 全国商工会連合会 中小・小規模企業成長実行本部長
https://masuyama-toshikazu.com/