2015年1月20日火曜日

NHK大河ドラマに藤堂高虎を起用してもらう為の陳情

議員職をいただいてから4度目、会全体としては10度目の陳情に伺った。


NHKの大河ドラマに藤堂高虎を起用してもらうためである。

藤堂高虎が、地域の方々の諦めない想いと年を経るごとに参加規模の大きくなる陳情活動によって確実にNHK側にとって意識をせざるを得ないテーマになっている事は間違いない事実だと確信している。

昨年は就任間もなくの籾井会長には予定がわずお会いできなかった。
籾井会長はやはり一般的な藤堂高虎のイメージである7回主君を変えたという話を会話の中に挟まれた。残念ながらこれが今の現実である。あまりにも定着したこの主君を変えた事による忠義心の無い人物という誤ったイメージはなんとか払拭したいものである。

しかし陳情者の一員である今治市のイベント交流推進課の山本課長の発言内容はその固定観念を一蹴するだけの威力を持って行っと思う。

「藤堂高虎は一塊の先鋒隊から実力を持って駆け上がってきた実力者である。新たな役割を与えられるたびにその職務と経験を自らのものとして習得し、それだけでなく携わったそれぞれの仕事において独創的なアイデアでそれまでのやり方を革新してきた知者である。九鬼水軍を我が物とし、その後水城作り、滋賀の山の中で生まれた武将が日本を率いる水軍の長となるのである。課長曰くその後の日本の海軍の基礎を作ったのが高虎である」
神田和泉町自治会
という。

とにかく高虎はその有能さ故に多く妬まれた存在である。また本人は表に出ることを嫌い終始裏方に徹し、様々な噂や言いがかりを表だって否定することをしなかった様である。しかし不忍池の命名の件はそれでも数の少ない反論の中の一つだろう。

家康の命に守られ幕末まで安定した藩運営ができたと言うことはとりもなおさずそれだけで資金も力も有しているということである。
鳥羽伏見の戦いでの苦渋の決断の件によって倒幕後藤堂家は裏切り者の血統だと揶揄されるが、つらい決断を迫られたのは藤堂家だけではない。また前線での戦いを放棄し大阪城を離れた慶喜を、これ以上支えることはできないと考える大名が出るのも無理からぬ事とも思える。

かねてより大きな力を持っており新政府の要求に素直に従わない藤堂家は、薩摩と長州の新政府にとって煙たい存在であったが故に藤堂家の財力と力を様々な方法で削いで行くと同時に藤堂家ディスカウントキャンペーンを行うのである。

明治維新のおりに行われたディスカウント藤堂戦略の呪縛と汚名からそろそろ我々は解放されねばならないと思う。

神田明神
話が逸れた。
今回市長は昨年から始まったふるさと納税の結果1000万を超える寄付が津城復元のために集められた事を引き合いに、津の住民にとってとても大きな関心事であることを伝えた。昨年に比べれば随分良い。

伊賀の木戸専務だったか、受け入れの体制は万全であるとお話しされた。どうも資料館を準備する計画区があるようである。流石だ。

NHKは「あとは腹をくくるだけだ」と言った。
それに応えられるのは「受け入れの体制は万全である」この一言だけではないのか。

………………………
実務的な話をすると、今年の花燃ゆのあとは真田幸村で決まっている。戦国と幕末を交互に企画するという慣習にこだわるのであれば(私はこだわらんでもええのに、と思うのだが)、今年のいつの時期にか発表される次の大河のテーマは幕末物と言う事になる。我々の狙うべきは次回の陳情、来年の決断だということらしい。

来年はいよいよ

今治、伊賀、甲良、津、プラス神田和泉町の連合軍でそい力をかけて決めに行かなければならない。

...............................................
余談
上野の公園は元々藤堂家の管理する領地だった。その中には寒松院という津の寿町にある藤堂家のお墓のあるお寺と同じ名前の寺があり、高虎のお骨もこちらにおさめてある。そして同じく上野公園内にある東照宮は家康の遺言を形にするために高虎が立てた。

中には古い灯籠が沢山立っているが、この中にはもちろん高虎がおさめた灯籠がある。

これは津観音にある灯籠と同じ時期に同じ職人によって作られたものらしく、そこには
「東照宮大権現 伊賀少将藤原朝臣 高虎」
「寛永五戌辰年」
とハッキリ刻まれている。

(という話を今回教えてもらった^^)





























2015年1月4日日曜日

津市久居新庁舎

本日1月4日午前10時より津市久居新庁舎の開設式が行われました。

そう、ポルタ久居です。
商業テナントが撤退してから久しく空き屋になり、地元の有志の人達がイベントをしながらもり立てていた1階部分及び3階の一部が改修され久居庁舎として生まれ変わりました。
平成26年の6月議会において落札者が決定し工事請負契約に関する議案が提出されました。
4億4469万円の改修工事でした。

これにより今までの久居庁舎は取り壊されることになります。

これまでに何度か全員協議会という場が持たれ当局からの説明が繰り返されました。
基本的にはポルタだけではなく、旧庁舎の整備、東口の市民ホールの計画全てを包括して一番経費のかからない方法で改修するという視点で、
ポルタには庁舎を移し
旧庁舎は新築せず
東口には市民ホールを建設するという
3つの事業を合併特例債という、国が8割近くを肩代わりしてくれる平成の大合併に基づく特例措置を最大限利用する方法をとるという判断を
市長及び執行部側が下しました。

合併特例債の特性を考えたら必然的に公共施設にと言う事になっていきます。

そもそも、添付した全員協議会の資料にあるとおり大手のテナントだった商業施設が撤退したことで返済がままならなくなり久居都市開発株式会社の債務を市が肩代わりしなければならなくなったことが事の発端です。

ポルタの成り立ちから久居都市開発株式会社の破綻に至るまでの経緯や内容にも色々思うところがあります。
そしてその後の対応、そして庁舎機能を入れるという判断にも少なからず不満があります。
とはいえ私も議会人。決定に至るまでの間には反対意見も当時改善も求めましたが、今回結果になりました。
議案が提出され、議会が承認した以上はその決断に従わねばなりません。
より良い場としてこの新しい庁舎が市民の使い心地の良い場所になる事を願ってやみません。
*************************
さて、一般の窓口が通路の西側にならび、東側は保健センターになります。
木が多くの所に使われていて暖かい雰囲気で改装されました。

これまで久居の保健センターは間借りだったらしく、やっと市の施設でまかなうことが出来たという声を職員から聞きました。

1歳半検診や3歳児検診もここで行われるとのこと。

子供が素足で這い回れるような場所が作ってあります。

3階には図書館がありましたがこれは縮小になりました。蔵書は他の場所に移転、雑誌、ビデオ閲覧機能は残し、電子書籍閲覧世のipadが3台設置されています。

  • ここで予約をして後日取りに来てもらうことも可能だという説明でしたが、せっかくならその案内は小さな図書館内ではなく、人通りのある人の目に触れるところに掲示すべきだと思います。

ここで返却することが出来るので、特に入ったばかりの新書なんかは通勤や通学の人達には便利な機能だと思います。

案内コーナーなんてのが余った空間なのか設置されていました。観光案内なんかのパンフがならんでいましたがこのまま放っておかれるような気がしてなりません。こんな場所にこそ日々入れ替わるような新しい情報、地域イベントの事だったり、図書館の新刊情報なんかもこう言ったところにアップデートされるべきでしょうね。人通りがある所なんですから。


  •  2階の角の余ったスペースなんでしょうね、市民ギャラリーという札が上から下がっている一角がありました。


写真や絵なんかを掛けられる場所なんでしょう。
ついたてを何枚か立てて人通りのあるところで簡易な展示が出来る。
 悪くないアイデアだと思うんですが、暗い。

画廊なんかに良くあるスポットをライトアップするようなハロゲンライトを天井から設置したら良いのに。


  •  最後、1階の駅側の入口すぐに会議室があるんですね。
ここから入口の自動ドアまで古いテナントのシャッター3枚、今日の開設式の時も降りたままでした。

シャッターを上げるために庁舎機能を入れたのに、改修が終わってからもシャッターを下ろしたまま。
シャッターを上げたら壁があって、きっと綺麗に仕上げてあることと思います。

北側の入口なんだから意味が無くても上げておくべきでしょうね。

また、時々見に行きたいと思います。