2013年3月28日木曜日

平成二十五年度第1回定例会:終了

総務財政委員会
経済環境委員会
建設水道委員会
教育厚生委員会

それぞれの委員会報告がなされ
それに基づき審議が行われ、全議案可決されました。


2013年3月26日火曜日

3日目!!!総務財政委員会

も〜細かいこと書く気力も無いわ。

建設的な議論ができてるのなら何もいわん。

とにかく金曜日に始まって土日を挟んで月、火。
ただただ、「津市の議会はレベル低いな」と言われる元凶そのものが延々と続いてる様な感じ。

色々と腹が立つこともあって、とにかくおも〜〜〜い一日の出発。

終わったら極楽湯にでも行ってくるかな・・・・


2013年3月15日金曜日

給食費横領の件:追伸

津市学校給食協会の不正経理について
と題した説明書のリンクを張っておきました。


津地域対象校

小学校
、修成、南誠、北誠、敬和、育、新町、
藤水、高茶屋、神戸、安東、櫛形、雲出、身 田、 白塚、栗真、片田、大里、高野尾、西が丘、豊が
が丘

中学校
東橋内

幼稚園
神戸、大里、高野尾

以上が今回の不正経理によって被害を被った保護者のいる学校です。

これらの学校のPTA役員は学校及び教育委員会に過去九年間にわたっての給食費欠損分を返納する要求を立てるべきです。

*********************************************

加えて本日八太議員が面白い点を追求しました。
同協会は保護者から集めた給食費から職員の給与を捻出していません。あくまでも給食費は食材費なのです。
結果人件費は市の会計から交付を受けて職員を雇っています。横領を行った臨時職員の給与もここから出ています。

八太議員は過去に遡って不正を行っていた職員の給与を市に返納すべきだと言いました。

さて、

下に二十四年度すなわち今年の三月までの交付額を記載しました。

同様の交付が今回の三月当初予算において二十五年度の交付内容が予算に計上されています。

九年間にわたって横領を見逃してきた津市給食協会にたいしてです。
九年間の怠慢を何事もなかったかのようにまた同額の給与を受けようとしています。
ただ働きをしろというのか?という主張もあるでしょう。
しかし何らかの責任はここでも問われるべきじゃないかと私は思います。。

それ以上に不可解なのはこの人件費、口頭だった関係で二十五年度の金額を正確に覚えておりませんが増額になっています。
しかも増えているのは人件費。
着服をした職員は解雇されています。
それとも新たに一年間また別の職員を再任用で雇うつもりなんでしょうか。
私の質問ではないので追求できませんでした。

一年後にこの協会を解体すると同協会会長である教育長は言っています。
それはそれ。
教育長などは何らかの言及措置が執られるでしょう。市の職員です。
しかし同協会の職員は
会長責任で処罰をしなきゃならないはずです。
市の人事は関係ありません。
にもかかわらず前年と同額どころかそれ以上の人件費を要求してくるとは一体どういう思考から生まれてくるのかさっぱり分かりません。

残念ながら私は教育厚生委員会ではないので、何らかの場で質問したいと思います。


*********************************************
平成 24年 度交付決定額
13,985,248円

人件費 (専事、臨時職員 3名)
7,210,388円

事務局費 (振手数料等)
493,760円

保 存 食 代
6,281,100円

 注)保存食代
「学校給食衛生管理基準」において、「保存食は、毎日、原材料、加食品及び調済食品を品ごとに50g程 度ずつビ 袋等清潔な容器に密封して入れ、専用冷凍庫に-20°C 以下で2週間以上保存すること」と定されてることから学校給食料理2食分を検体として2週間以凍庫に保存する ため費用について、全市域を対象に津市から補金が交付さ れてます


給食費横領の件:教育長への質疑を終えて

午前中に津市学校教育協会会長、すなわち教育長への質疑を行いました。
現在昼休み中で、午後からも他の方が続くようですが私の質問は一応終わりました。

私の見解は、

結論から先に言いましょう。

着服した本人がが支払おうが支払うまいが、払う能力があろうがなかろうが、学校給食協会が保護者に4200万円返済すべきだと考えています。

***********以下理由***************

学校が集めていた給食費はあくまでも「保護者から預かっているお金」であるという点が一つ。
そもそも保護者は給食を協会ないしは学校から「買っている」わけでは無く、同様に給食協会及び学校もこれを「販売」しているわけでは無いからです。

あくまでも、給食の食材を購入する為に一時的に「預かっているお金」です。
本来なら過不足無く使われるべきで、結果0円でなければなりませんが、色々な値段の変動などが有り当然余ってくる物があります。これは本来「還付」されるべき物です。ただ慣習として学校側から「寄付」することを保護者に求め、結果的に殆どの場合学校側に残り次年度に繰り越されてきているのが現状です。

答弁の途中教育長の口から
「一端保護者の手を離れた以上学校の物だ」という発言がありました。
本音でしょう。
でも誤りです。

その後、
結果として寄付を年度末なり卒業時にお願いするという以上、それまでは保護者の所有物だと言う事じゃないですか?という追求で、最終的に預かっている物であるという答弁を引き出しました。

さて次に、
横領を働いた協会職員は同協会が雇用した人間です。
契約を交わしているのは保護者ではなく協会です。
この職員は
本来業者から請求される物を学校に伝え、学校がこれを協会にわたし、「保護者に代わって」業者に支払うという業務を「給食協会から期待され」雇われています。
ところがその期待に反してその職務を逸脱し預かったお金を着服したと言うことになります。

さて、この事件津市学校給食協会が刑事告訴および民事訴訟を起こす予定にしており、4200万の返納を求めています。

これは、学校給食協会と被疑者との関係です。
被疑者が敗訴すれば4200万円の返済責務を被疑者は負うことに成り、どのようにして返済するかは協会側の関知するところではありません。


同様の関係が
学校及び給食協会側と「保護者」との間に成立すると考えています。
すなわち
保護者は学校及び給食協会側に対して
「適切に食料を購入し児童に給食を提供すること」を期待して給食費を納めています。
そしてその期待が裏切られたことになります。
原因は職員の横領であったとしても当該職員=被疑者と保護者の間には何ら直接的な関係はなく契約も交わされていません。
つまり保護者が被害を被る状況を作ったのは給食協会および学校側と言う事になります。

教育長は
4200万円の返済があれば、だから裁判の行方を待ってと、言いましたが、誤りだと主張しました。

本来還付されるべき保護者から預かっているお金を欠損させた事が判明した時点で
保護者はこれを返還する事、復旧することを学校側に要求できるはずで
これをもって
被疑者が返済しようがしまいが関係なく」給食協会および学校側は保護者にこの欠損分4200万円を返済する義務をおいます。

ただ、
現時点でそういった請求が保護者から出されていない、だけの話。

教育長は今回の一般質問において他の議員に対する答弁においても、「給食協会が被害を被った」と発言しています。
これもあやまりです。

私の後で質問した青山議員もこのことに言及しましたが、
被害を被ったのは「保護者」です。

このことで既に教育長の考え方がずれています。

さて、ここからは給食協会側がどのように保護者からの信頼を回復するか、彼らも考え方を定めねばなりません。

仮にこれが会社であったとするならば
従業員がもたらした会社への負債は、会社が倒産したとしても役員に債務が分担されて残ります。


即ち、繰り返すように
保護者が被った4200万円の損害は

当時件の被疑者が返納しようがしまいが、関係なく
学校給食協会が返済せねばならず。
学校給食協会にその能力が無い場合は

役員が代わってこれを返済せねばならない」と考えています。

保護者ないしはPTAが請求をしなければ事態はうやむやになるでしょう。
現時点で被疑者は14万程返済したということです。

この14万は何処に行くのでしょう。
本来なら保護者に渡るべき物で
仮にその額が個人に渡る額が微量であったとしても
少なくとも給食協会及び学校側が受領したままで良いお金」でないことは
明々白々です。

給食費横領の件に関して

4200万円の横領が発覚した津市学校給食協会の件にかんして
本日同協会会長である
教育長
および同協会理事 専務理事に対して
証人喚問が行われます。

なお、10時に始まり15分ほどの説明が会長よりなされ
その後資料精読のため20分の休憩

その後
喚問が開始されます

http://113.42.218.61/TsuCity/


中継リンクはこちらから。


2013年3月8日金曜日

ミルクきりん塩ラーメン

い〜〜〜から一回やってみ。
まじで。

キリンラーメンゲットしてから実は考えてて、ネットで調べたらやっぱミルクラーメンやってるやつら結構居るみたいで。

で、やってみた。

ま、想像通りっちゃそーなんだけど、ま、そんな味よ。
悪くないよ。
薄めのミルク入れる人も居るみたいだけど、私はミルク100%で行ってみた。
ミルク臭いのダメな人はダメかも。

醤油も案外行けるって話だからまたやってみる。

オプト・マルティエ

ことしもやって参りました。
3/8 Opt Martie(オプト・マルティエ)
それなに?って話は去年ここに書きました。
「国連女性の日」なんてたいそうな名前がついてはいますが、要は周りに居る女性に花束をって事で、家内と結婚して以来我が家にいる女性陣は毎年この時期になると花を受け取ることになっています。

そりゃもう、喧嘩中でもそうでなくっても。
家内だけでなく、GFでも良いし、娘達も当然だし、母も含まれるし、職場の女性でも結構。

年に一回ぐらいは花束を贈ってあげるのも粋だと思いますよ。
(花屋の回し者ではございません) m(_ _)m

2013年3月5日火曜日

一般質問スケジュール及び発言通告


本日12時に発言通告の締め切りが行われ続いて発言の順番が議会運営委員会においてくじ引きによって決められましたので報告いたします。
以下の通りです。

また、通告内容をevernoteにアップし共有いたしました。リンクの先にありますのでご興味のある方はおめ通しください。

因みに私の一般質問は

3月14日 午前11時より

議案質疑
議案第33号 津市総合計画後期基本計画策定につい
 (1)働く場創出と若者定住プグラに関して
議案第47号 平成25年度津市一会計予算
 歳出 商費 商業振興費 商業振興事業について 
 (1)商店街にぎわ創出事業に関して

■一般質問
 1 小学校教科担任制して
 2 なぎさまち開発に関して

上述の通告内容に基づいて行われます。



3月11日
1 藤本智子:日本共産党津市議団  10:00~ 11:00(60分)
2 西山みえ:県都クラブ 11:00~ 12:00(60分)
3 田中勝博:一津会 13:00~14:00‐ (60分)
4 小菅雅司:津和会 14:00〜15:00(60分)
5 倉田寛次:市民クラブ 15:20~ 16120(60分)

3月12日
平岡益生:公明党議員団 10:00~11:00(60分)
岩脇圭一:一津会 11:00~ 12:00(60分)
青山昇武:公明党議員団 13:00~ 14:00(60分)
 9 八太正年:無会派 14:00~15:00(60分)
10 川崎正次:県都クラブ 15:20~ 16:20(60分)

3月13日
11 岡村 武:無会派 10:00~ 11:00(60分)
12  長谷川 幸子:日本共産党津市議団 11:00~12:00(60分)
13 杉谷育生:津和会 13:00~ 14:00(60分)
14  和田甲子雄:日本共産党津市議団 14:00-15ゴ00 ( 60多))
15 加 藤 美江子:公明党議員団 15:20~16:20(60分)

3月14日
16  豊田光治:日本共産党津市議団 10:00~ 11:00(60分)
17  小林貴虎:市民クラブ 11:00~ 12:00(60分)
18  山崎正行:市民クラブ 13100~14:00(60分)
19  前 田 勝彦:県都クラブ 14:00~ 15:00(60分)