2013年1月29日火曜日

津市の英語教育

南が丘小学校は現在特例校という枠組みで英語教育を行っている。
その恩恵で1年生から4年生にかけて、文部科学省が指定している教科時間数を一部英語のクラスに変更する事ができ、英語教育を行っている。

津市において南が丘の英語科は少し有名で、転入してくる転勤族の人達も南が丘小学校を希望して周辺におうちを構える人達がいるらしい。

一体どれぐらいの事を教えているのか、また南が丘に限らず他の学校も含めた津市の英語教育のレベルはどれぐらいなのか、またまだまだ向上させる余地があるのか、有るとするならば何が必要なのか等々。とにかく現場を見てみない事には始まらないと思い現時点で南が丘小学校、南が丘中学校、安東小学校と視察をした。

我々が小学生や中学生だったころと違いALT(Assistant Language Teacher)というネイティブの人達が一人で複数の学校を受け持って英語のクラスの支援をしている。

実際何所の学校に行ってもリスニングのスキルが結構ある事に驚いた。
毎時間はじめに繰り返しやってる事とはいえ安東小学校では3年生でも1月から12月まで言えたし、曜日もちゃんと言える。心許ないものの何とか今日の日付も言え、how is the weather today?との問いに snowy? no! rainy? no! cloudy? yes!と応答ができている。

6年生の子達のクラスではカードゲームをやっていた。絵の描かれたカードが配られて、ALTが英語で状況説明をする。thomasがキッチンで野菜を切ってて女の子(名前忘れた)が皿を洗ってて〜みたいな事言うと殆どの子達が該当するカードを当てた。センテンス全てを理解しているかどうかは分からないが、少なくとも途中で入ってくる知っている単語vegetables だとか fastfood だとか baby だとかをキャッチしているだけ凄い。

おいら小学校の時に外人さんに英語で話しかけられてもちんぷんかんぷんだったぜ〜。今の子すげ〜と正直思った。

正直南が丘小学校は特別で、他の小学校に行ってた子達は全然ダメで、その後の中学校や高校に行ってからでは取り戻す事のできない圧倒的な違いがあるんだろうかと思って、昨日南が丘中学校のALTに他校との違いを聞いてみた。
彼女は他の中学校や小学校でもALTとして赴任してるからだ。

結論から先に言うと
学校の違いは殆ど関係なく(言い換えれば英語の時間が多くあるかどうかよりも)むしろ担当の先生の熱心さ次第だという。

英語が得意な先生、そうで無い先生はそれぞれある。それよりも英語を教える事に積極的かどうかが問われるようだ。本人は英語が下手だとしても英語を教える事に積極的な先生の方が良いのかも知れない。下手に全てを自分でやってしまおうとする先生のクラスよりも、ちゃんと分業すべき所を知っていてALTに任せるところは任せる、担任がすべき所は自分がするというタイプの先生の方が、私がクラスを見た感じ良い雰囲気だったように思う。

正直ALTが居る以上教師本人の英語の能力はさして問題では無い。ALTは少なくとも英語を教えるために赴任してきている人達。ALTと教師達がうまくパートナーシップを築いて二人三脚をしていけばかなりの事が出来るらしいという認識を現時点で確認した。

もちろん単に英語が母国語だという事だけで選ばれているようなので、英語を第2言語として学ぶ生徒に対して英語を教える知識が十分あるかというと若干心許ない部分はある。これは我々が日本語が母国語だから日本語を教える能力があるかというと必ずしもそうでは無いのと同じ。
しかしながらALTの多くは既に何年かにわたって英語を現場で教えている経験があるため、現場から習得した知識がある。

今のところ2人のALTと1人の県からの加配で臨時職員として赴任しているNET(Native English Teacher)と話をしてみたが、総じてまだまだ英語教育のレベルを上げる事は可能だという認識を確認した。これは英語の時間を今以上に増やすと言う事では無く、今与えられた時間の中で可能だという事。

その中で幾つかの提案も聞いた。

まだまだこれから幾つか小中学校にまわってみようと思っている。
今日行った安東小学校、それから一応今のところ予定している北立誠は特例校ではないもののどちらかというと英語教育に力を入れている学校らしい。
それ以外の特に英語に注力していない小学校や中学校にも行ってみたいと思っている。

最終的には「津市の英語教育は凄いよ」「子供の英語のレベルを考えると津に行った方が良い」と言われるような状況が津市全体でできないかと思っている。

老若男女を問わず、「英語はしゃべれた方が良いよね」「将来英語は必要だよ」「子供達にはやっぱり英語を話せるようになって欲しい」という人達がたくさん居る。そう思っていない人達を探す方が難しいかも知れない。

そこまでのニーズがあるのなら、そりゃ実現すべきでしょという認識だ。

私も第二言語としての英語を習得した経験のある人間。
少なくとも自分の経験から何所に意識をおいて学習すべきかと言う事は分かるつもりだ。
教えられるかどうかは別の話だけど。

正直言うとこれまで見せて頂いた幾つかのクラスの中でも「それはあんまひつようないんじゃない?」「なんでこれをやんないの?」みたいに感じた事はあった。
ただ、これは私が横から介入すべき物では無い。
むしろ英語教育の現場に携わっている担任とALTとがお互いに風通しの良い環境で意思疎通はしっかりもって共通目ひょうに向かって切磋琢磨すれば自ずから解決されていく物だと思っている。

とにかく現時点では中間報告でしかないので、また色々なところをまわって色々考察してみたいと思っている。

2013年1月25日金曜日

「津のコンセントを使える喫茶店」プロジェクト発足

あ〜毎度思いつきで乗っかってしまう、時に熱しやすく冷めやすい私でございますが。
今回「津のコンセントを使える喫茶店」プロジェクトを発足いたしました。

平素より
ゆっくりiPadで読書しながら、MacBookで仕事して、店員に文句言われる事も無く、心地よいソファがある環境でコーヒーを飲みながら「長居できる」(←ここ重要)ものすごくユーザー側に都合の良い環境を探し求めながら放浪を繰り返している者でございます。

で、
今日も旅の途中ブリオカフェによって積んどいてある本を読もうと入店し
「やっぱコンセントねーなー」みたいなチェックインをFB上で行ったところ、友人から
「マップつくんねぇ?」というコメントが入り。

お!いいね!

って事で作ってしまいました。

http://goo.gl/maps/1NztC

それがこれ。

公開マップって実は作った事ないので、設定で誰でも編集できるようにしてみました。
トラブルとか出てくるようならその都度変えます。

多分皆さんも勝手に編集できると思います。
できない場合は
info@takatora.jp
私まで連絡下さい。
追加します。

ちゅうことで。

津市がよりデジタルギークスに住み心地の良い環境になる事を祈って
May the Electricity be with you always

2013年1月23日水曜日

発電機や仮設トイレの災害協定

この度津市が大規模災害発生時における支援物資の供給元として仮設トイレや発電機などを保有する6つのレンタル会社と災害協定を結ぶ事になった。

事前に危機管理部からは報告を頂き、締結する方向で調整をしていますと言う話を聞いていた。
また、実は直接市長からこの件に関して二日ほど前にわざわざ連絡を頂き、締結の運びになったという報告を受けていた。

と言うのもこの件、1年8ヶ月前の初登壇の際にももちろん、その後数度にわたって機会を持って私が要望を行ってきた内容だから。

アイデアの発端は2011年4月の末に当選を果たした直後、知り合いから声がかかり震災発生後間もなくの東北を訪れる機会をえ、その道すがら一緒に東北に向かったとあるレンタル会社の役員の方から、いかにに発電機が必要で、しかも全く足りていなくて当時増産中で、どの自治体でも入手に苦労していると言う話、しかしながらある自治体は事前に災害協定を組んでいた関係で他の地域に先んじて発電機を確保する事が出来た、という事例を教えて頂いていたから。


何度も議会では繰り返した事ですが、
広域災害が発生した場合、特に懸念される東海東南海3連動というような状況が起こった場合、国としては静岡や知多半島など大きな被害が発生したところにどうしても注力するだろう。
三重県内においても東紀州や南勢が甚大な被害を被るなか、どちらかと言えば伊勢湾内の津市は重要度が下がり、支援の到達も後回しになる可能性を否定できない。

限られた物資の中で優先順位がつけられるのは凄く当たり前で致し方のない事。

だからこそ、津市は津市として、三重県が協定を組んでいるからと言う事とは別に、津市の住民のために津市でできる事をやっておくべきだという考えのもと、働きかけてきた内容です。


実際に締結された協定内容にはまだ目を通していないので、何所まで踏み込んだものなのかはこれから調べる事にするが、ひとまずまたもう一つ事が一歩進んだ事に非常に喜んでいます。

2013年1月18日金曜日

城!建てるぞ!

津城ペーパークラフト完成サンプル
開けましておめでとうございます。

寝ぼけとったわけではございませんが、ブログの年末以来でございます。

今年一発目は津城の復元で行きましょか。

昨年末の19日、我々津市議会の中で
「津市議会お城を活かしたまちづくり推進議員連盟」
なるものを立ち上げまして記者会見致しました。
翌日の新聞には写真付きで報道頂き、ドリームクラブさんからお借りした甲冑を着た我々が新聞に載ってたのをお見かけ頂いた方々もおられるかと思います。
この議連、共産党と無会派の方々以外5会派から最低1人は参加しており、城の復元とそれに付随する町の活性化の為に積極的に協力しようと言う意識の元に結成されました。

議会内部的には、これによって議員提出議案や陳情といった形式の議決を要する案件がスムーズに提出する事が出来る素地ができたと言う事が出来ます。

また、津には志を同じくし、過去から津城復元に思いを投入してこられた個人、グループが存在します。それらの力をここに一つに結集して市に対して要望を立てる、いわゆる窓口を公式に設置するという観点もございます。

早速昨日はそのグループの一つと会議を開き、本日も権威のある専門家に面会する予定が入っております。

また、今月21日には昨年も参加させて頂いたNHKへの陳情も、この度議連の仲間他3人と共にさらに津市の思いが堅実である事を示しに行こうと思っています。
現時点で城が建っていなくても、建設さえ始まっていれば、石垣の補修さえ始まっていれば、大河のシーンとして実際の津城跡地を撮影に使って頂けます。

**********************

津市では今まで数度、いよいよ復元に乗り出すか!という山場があったらしいのですが、いずれも頓挫し現在に至っています。ここの理由はここではあえて書きませんが、今でも大河が決まれば復元せんわけにはいかんよな〜的な非常に受け見て思考の意識があります。

いや、逆でしょ。

俺らは気合い入れてつくります!せやから撮りに来てくれ!ってのが本来は当たり前。だからNHKは今まで地元の意志が何所まで強固なのか見ているといった感じだと受け取っています。

「おまいら何所まで本気やの?」

っちゅう事です。
今まで大河が決まってない原因の一つに受け入れがわの市の気合いが感じられないからというファクターがあるように思います。

*******************************

石垣別で、上物を全て作ると30億ぐらいかかるそうです。
櫓を角角において、東と西に門をおいて白壁で一周させるとね。
私は中に資料館を置いて、甲冑や藤堂家の歴史が学べる空間を作るべきだと思っています。内部構造が見学でき、最低30分しっかり見ていけば1時間から2時間は十分に時間を費やせるような空間を整備すべきだと思っています。
すると内装にまたいくらかかかるでしょう。

中には取りあえず出来る所から、北側の一番石垣の高い所から櫓を2つ作れば、という意見の方々も見えます。これには5億。
そして人口数万の別の町では寄付で3億ほど集めた。だからできない計画じゃないんだと言う所から責めたいという視点です。

私は安い金額で最低限出来る物をとにかく作って残りは別の計画で、とやってしまうよりも、
金額は高くてもかまわないのでできるだけ整備されたものを提示して、その上で計画上分割していくべきだと思います。
その上で
城を作るだけでなくその周辺の「地域の活性化」が計られなければ意味がない。
だから議連の名前にも「お城を活かしたまちづくり」とあるわけで。
30億なり40億なりかかります。
「だけども」
建設途中に建設現場を公開し複数のイベントを行います。
ドキュメンタリーも作成してもらいます。
城マニアだけでなく広く観光PRを組みます。
周辺の商店街も整備します。

結果

建設期間中のイベントでの来訪者数予測
現時点との比較としての建設終了後の来訪者増加率
を調査し地域の経済効果を試算すべきで、それを持って投資金額がペイバックできる根拠を示す全体的な「活性化計画」を立てるべきだと思っています。

*********************
大門商店街の活性化をどうしましょうか、という議論がありました。
商店街の方々が積極的に前向きに努力をしてもらう「気運」を作るという意味においてはそれも良いんでしょう。
しかし
商店街の方達に「津市への来訪者数を倍増させるような案をだせ」というのは少し無理があるんじゃないかと当初より思っています。
それは行政がもう少し広角的な視点の元にプランを立てて、その上で「大門はどんな貢献ができる?」「丸の内はどんな貢献ができる?」というアプローチをすべきでしょう。

今は津に訪れた人達を、
これは観光と言う事に絞らず、企業や大学や市役所や県庁に何らか乗りゆで来られた市外の人達を含めての事ですが、
「おもてなしをする」という意識が今までまちづくりとしてできていないように思います。駅前を降りて「津がどんな町」とイメージがわくような仕掛けがありますか?

だから復元された津城は津市のおもてなしの再生の「核」として位置し、そこからの広がりをALL津市で作り上げていくべきだと思うのです。



津城は天守がなかっただろうと言われる城です。
天守のない城に誰が来るのか。と言われる方もいます。
でも天守がない事は実は、城内を空っぽに、広場にできるという事です。
そこでは当然各種イベントを行う事のできる広さが確保できます。

津祭りのパレードは元より
武将コスプレ大会
戦国格闘系ゲーム大会
花見はもちろん
茶会

舞台
コンサート
何でも行ける。

デメは逆手にとる物。要は繰り返しですが「やる気」があれば何とでもなる事。
その「気」があるかどうかが問題。
その「気」をたきつけるための一歩として
今回の議連をフルに活用して行きたいと思っています。

ちゅうことで
遅くなりましたが

本年もよろしくお願いいたします。m(_ _)m