2012年4月25日水曜日

市長になりたいのかって?

良く言われる。

ま、言われも仕方ないのかなと思う部分もある。






ちょうど昨年当選させていただいて以来4回の定例会の内3回質問させていただいた。


初回は震災対策。特に避難生活に必要になる物資の供給およびそれに係る事前災害協定の内容について詰めた。

一回跳んで12月には活性化即ち人の流入という事の中で、長期流入即ち移住ではなく、もう一方の短期流入即ち観光面の市の姿勢を問うた。
ここには津城復元、津郷土資料館の設立、インター前のバス停及び常設物産展の建設という3本を中心に問うた。

最後前回は当初予算をふまえて津市の財政に関して問うた。
財政状況が良くなる見込みのないなか大型の事業を継続していく事への反対
当初予算に経済活性を見込んだ事業の少なさへの苦言
そして
前回言い残した半分、経済活性の為のもう一方、人口流入に向けての考えを問うた。

いずれも市全体のことを中心に質問内容を構築している。
私の基盤になる敬和地区や旧津市に限られた話は一切していない。
津城の復元等々の話はもちろん地区内になるが、これは観光の中心としてインターやなぎさまちの結節点としてのアクセス良知を考えればここから手をつけるのが妥当であり、他へ派生することも意識してのことであり、別段敬和地区、大門商店街だけの事を考えて引っ張ってきたものではない。
貴虎だけに高虎、という部分は否定しないが。

だから、
「市長、貴方はこう考えているようだが、私ならこうする。」
という意識で常に質問をしている。




どうだろう、私はこれからの市会議員は全市的な視点で発言をする必要があると思っている。特に地方分権が騒がれいよいよ様々な責任が地方に課せられる時代に移っていく今、
議場を地域や特定の支援者からの公式陳情の場所にしてしまうようでは、課せられた責任に潰されることになるだろう。

現在の津市議会の議場には「議論、討論」という側面が非常にかけている。
その証拠に議員間討論というのは成されない。委員会では辛うじて存在するが。
基本一人の議員が対執行部との間でやりとりをするだけ。その間他の議員は聞いてるだけ。
「特定の案件に対して議員同士も意見を出し合ってその結果新しい結論を生み出す」
という図式にはなっていない。

だから執行部は結果ありきの議案提出をしてくる。全員協議会という議案になるまえの事案を議題に上げるときですら、既に腹の決まった内容を「承認しろ」という姿勢で提出してくる。我々がどのように反論しようが、反対しようがそこに議論を差し挟む余地は全く感じられない。

ただ、悲しいかな私が執行部側であれば、今の議会に対してオープンな討論を提案しようとは思わない。今の議会のレベルでは、正直ろくでもない結果を産み出す可能性が高いから。

即ち議会側の成熟した議論や対案を出せる能力が低いから。あるいは執行部から低く見積もられているから。だから、議論の余地のない「議案」を出してくる。矛盾した表現でしょ?
議会が開会になると必ず平平低低で議案を説明に来ては、「何とか穏便に(議案を)通してください」という姿勢で我々議員に対応する。

「お前ら何言ったって変える気無いやないか!」と怒鳴る議員も居る。私も同感だ。



結局議場では議案質問という時間は非常に少なく、代わりに一般質問になって朗読パフォーマンスをして議会だよりに色々質問内容を書かせるか、はなから質問に立つ意志のない議員なども出てくるような状況になる。

いよいよ市民からは見ていて何のおもしろみもない議会になる。

案件に対して意見が飛び交って、場合によっては修正が加えられて、より良い市政運営が成されていく。と言うような動作が議場で行われていないから。
色々なことが表に現れない理由で何かしら可決されていく。
儀式を見せられるような感じになるのだろう。出来レースにすら見える。

だから我々議員は
常に討論を出来るよう書く案件に対して自分の意見を常に持っているべきだと思う。
即ち、常に全市的な視点を持って、津市はこうあるべきだというビジョンを持ち、
それを基軸にそれぞれの議員がそれぞれの観点から意見をぶつける事の出来るレベルを確立する必要があると思っている。

だから私の質問は上述のような形になる。
それがあたかも私が「市長を目指しているのか」という風に写るのだろう。




はたして本当にガチの議論が出来る議会になるためには、正直駒も入れ替わる必要があると思う。つまり有権者に委ねざるを得ない現実。

私は今こうしてこんな事がブログでかけるのも、ひとえに1年前に「どんな理由であれ」私に投じてくださった方が充分いたからに他ならない。
何故経験もない、何所の馬の骨かも分からない、経歴も大したことのない
ただ若いだけ、の私に票を投じたのか。

行く先々で言われた。「若い人にやってもらわなな」
これは私にとっては追い風だった。
しかし、裏を返せば「他に委ねようがないやないか」という意味での最後の矛先に他ならない。
政権交代した。
しかしその結果はあまりにも酷かった。
じゃ、どうしようか。
未知数にかけるしかないじゃない。という風潮が、国政の流れから、知事選にも市長選にも影響したように感じている。
だからどの選挙も「若い方」が勝った。

果たして一塊のの市議会議委員にどれだけの期待をしているのか。ま、ほとんど無いに等しいだろう。
しかし仕事を頂いた以上は全力を尽くす。これは私が学生時代にバイトをしてきた時分からのやり方だ。
だから、変革、というか改善を求める声があるのならそれを必死に行う。
そして今の津市議会には多分に改善の余地があると、このやっと1年経っただけの若造が思っている。

僅かなことはやった。
でも全然足りない。

次期改選の残り2年で何所まで出来るか?あまり大きくは変わらないかも知れない。
しかし私はジタバタし続ける。

その結果いくらかでも託された期待に応えることが出来るのなら、それはかなり本望だ。

私は津市の未来を憂う想いで立候補させていただいた。
その想いは今もまだ変わっていない。
給料を頂いて市の財政に関して調査する時間を頂いた。
だから根拠のない「単にそう思う」という次元でなく、証拠を突きつけて憂うべき未来を自信を持って任せられる未来に転換していく必要があると思っている。
それが出来る立場を頂いた。

20年後30年後に、あれは失敗だった。と誰も言う必要がないように・・・・
むしろ
20年後30年後に、「津に住んでて良かった」と思えるような具体的な現実を構築できるように。




そして次期改選後には私も再選できるよう最大限の努力を重ねていくのはもちろん、
しかしそれだけでなく出来ることならさらに「志」を同じくする者達が集ってくることを願ってやまない。
だから有権者の方々には「志」を持った意欲のある議員を捜して、信任していただきたい。若い使命感を持った議員の出現を助けてあげていただきたい。

「投票しても何も変わらない」というのはウソです。
逆に言えば投票することでしか変えられない。だからこそ質の高い議員を選んでいただきたい。それがより良い市を創ることの近道です。




この津市が結果の伴った本当の意味で我々の「誇り」となることを
1周年を記念し感謝の意を込めて
祈りと共に・・・・

2012年4月15日日曜日

ミサイル情報確認の遅さにみる問題点

果たして今回のミサイル情報公開の遅さは単に「現政府が国防と言うことに関して無能だったから」でかたづけられるのか?

もちろん私は現政府の危機管理能力や外交能力、国防思想を全く評価していない。

しかしながらじゃあどうすれば早く対応できるの?という所。

大事なのはどんな情報?

国民への報道は正直少々遅れても良い。それ以上に「現実的に迎撃するための情報確保」ここに不備はなかったのか?実際飛来し国土が被弾する事になるのだとすれば、大臣がテレビに出てきて説明するよりも重要なのはまず打ち落とすころ。ここに他ならないだろう。

どのみち北との距離で発車直後に被弾地を割り出して「そこの方逃げてください」っていったって間に合うはずがない。10分ぐらいでとんでくるのだとすればね。

だからまず迎撃ありきだ。

真の問題

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120415/plc12041503060003-n1.htm

産経新聞だけど、
「米軍の早期警戒衛星が、寸時に発射の熱源を感知、米国や韓国のイージス艦が追尾に成功した航跡から「失敗」が確認され、速報が世界中を駆け回ったのだ。残念ながら日本政府は確認に手間取り、公表が遅れたが、国際的な監視システムは機能したといってもいい。」
引用終わり。

米国の衛星が情報をキャッチ
韓米のイージス艦が追尾

ここに日本は含まれていない。

米韓は日本の自衛隊とは共同活動は出来ないと認識しているからか。
日本と韓国の間に軍事協力に係わる協定は組まれていないはず。
何故か?
日本の自衛隊の能力に懐疑的であること。特に情報漏洩に関しては。
だからアメリカの衛星の情報は韓国軍にしか直接提供されなかったのではないか?

アメリカは我らの現政権を信頼していない。
以前自民党政権時代は防衛大臣には米国衛星からの情報が入っていたとか。果たして今は?

羽田の管制官がair force oneの飛行計画を漏らしていた事件を覚えているだろうか?
30年以上も勤務を続けていた異例の人事。労働組合の強い組織。
大統領が搭乗する航空機の情報を漏らされてアメリカが「ともだちに自慢したかった」という言い訳を素直に信じると思うか?それとも計画的な漏洩だと考えるか?

 日本の情報管理能力に疑問が残る以上、当然軍事協定の上で重要になる情報共有を誰が望んで行うか?下手な情報が敵に渡れば自分のみが危うくなると考えるのが常識だろう。


日本の自衛隊ないしは日本の国自体がこのような緊急時においての対策という面で残念ながら十分に信頼されていない可能性がある。


だからどうするのよ?

日本はしっかりした国防軍を持つべきだ。
今から間に合うか間に合わないかという現実問題はもちろん横たわっている。
しかし

北の崩壊
中国の介入
韓国の進軍
米国の後方支援

最悪のシナリオになった際

北は米国軍の居る日本を攻撃する事だってありうる。着地点が正確でない可能性が高いのはもっとたちが悪い。
よっぽどのことがない限り中国はアメリカと直接戦闘はしないと思う。
ましてや日本にまで攻撃を広げるとは思えない。

でも、

実際そうなったら、あるいはその懸念がある場合においても事前に、韓国とアメリカとの間で共同戦線内で取り交わしている情報を、日本は得ることが出来ない可能性がある。
情報の遅れは対応の遅れ。早くて新鮮に越したことはない。
しかし我々は蚊帳の外に置かれる。

対中国北朝鮮の図式で
日米韓の軍事協定を組む必要がある。
その為には日本に法的根拠に根ざした国防軍が必要になる。

日本がソヴィエとや中国と直接対峙する必要がなかったのも
最前線が日本海ではなく38度線だったからだ。
実際韓国が防波堤になっているため我々は安穏としていられる。

韓国の大統領選挙には必ず北のスパイ活動が暗躍する。
潜水艦が沈没させられたり島が砲撃されたり。
 半島が取られれば、韓国内で現実行われているせめぎ合いが
日本海を境に日本と大陸との間で、むしろ日本国内で展開される事になる。
それで良いのか?

半島が北と中国に支配されないことは我が国日本にとって大きな国益だと言うこと。
だから日韓米の軍事同盟はその要になる。
それが今出来ないでいる。
日本は積極的に韓国が北と中国によって占領されないために直接支援をすべきであるし、もっとつっこめば韓国が半島統一できるよう援助すべきだ。
好むと好まざると広いアジアのなか、経済的にある程度の基盤を有する民主主義国家は日本と韓国の他にないという現実に目を向ける必要がある。
韓国が潰れたら日本だけ。(インドの話はちょっとおいといて)


今回のミサイルの件では
少なくとも
「米国衛生のキャッチした発射情報は瞬時に米韓の前線と同時に首相、大臣、自衛隊にも伝達されていたと」信じたい。

確認に手間取ったとはいえ、それは安全が確認され、迎撃の不要も担保が取れ、その上で「国民に対する発表」の為に手間取ったのであったと思いたい。

実際に迎撃の必要性が伝達された際には「確認に手惑うことなく」即時迎撃をすることは可能であってその情報確保も万全である。と言って欲しい。


しかし上述の引用部分を読むとその辺が不安になる。


結論

政府は国民を守れるようにしろ!と言うのなら
我々国民は
憲法改正
自衛隊の国防軍化
を指示する必要がある。

情報収集能力の問題に合わせて情報収集インフラの欠如に関して意識してる?

そこまで考えて政府批判をしているの?

要求や非難だけなら簡単さ。
でもそれに伴って跳ね返ってくる責務を全うする覚悟ある?



追記
でも、あくまでもアメリカの第一情報にたよるって事は、うがった見方をすればアメリカの情報操作によって踊らされる可能性があると言うことも考えて おく必要がある。アラブの春の背後を考えても、グルジアとロシアの戦闘のことを考えても、アメリカは自国の国益のためにそう言うことを平気でする国。本当に信頼できる情報が必要なら「確認が必要だと思うなら」日本は独自の軍事 衛星を持ち全てのオペレーションを独立して行える必要があることは当然だと言うことを付け加えておく。

2012年4月13日金曜日

寒松院の雨に耐えた桜。でもまた今晩試練が・・・

FBには上げたんだけど、せっかくだからブログにも良い写真をとおもってね。
先の雨を乗り越えた見事な桜。




今日ははらはらと散る姿も美しい。


でも今晩雨なんだよな〜〜〜〜〜

一気にちっちまう・・・・・・

また来年まで。

2012年4月10日火曜日

寒松院の桜:ライトアップ

明日雨。もう散る。
寒松院の桜の下に見納めに行った。

したまで行くと、見事。
悲しいかな隣のガススタの電光掲示板の赤色が反射してる。


ライトアップしたら綺麗だろーにな・・・・・

写真取ったけどiphoneのカメラじゃやっぱ無理ね。

写真では表現できません。

名所です。

2012年4月9日月曜日

たにし:食ぅたことある?

正直、成人してから食った記憶がない。おそらくガキの時に親に連れられてこの公園に来たときに食したことぐらいはあるかも知れない。
いずれにせよ食った記憶のない代物。

田んぼとかあぜの水路に「わいてくる」あれ。
こいつをどうやら食用に養殖しているらしい。でかい。
ツブ貝と思えば・・・・と思って渋々。ま、「食ったことがある」とこれでハッキリ言えるようになったことだけが、食す前から変わったこと。また食いたいか?と言われると・・・・・・
いや、味なんてこてこての味噌が付いてるから分からない。きもち泥臭いかも。それよりも冷凍保存してたみたいで少しふかふか。貝類は凍らせない方がいい。
ま、そんな程度のものさ。

でも、市外の人に言わせると、他で食ったことない。津の名物だ。とも。たしかに他であまり食わないのかも知れない。
花見の時、あのばしょで年にこの時期しか食えない。そう言う一品。

津の人間ならぜひ、食べておきましょう。タニシ。

2012年4月6日金曜日

へりくだること:卑屈になること

これは凄く難しい。
へりくだることと
卑屈になること
この二つは随分違う。

日本にいると上手く謙る表現をすることはとても大切で、これが出来ないと「高慢なヤツ」 と受け取られる。もちろん「卑屈」との境界線もしっかりあって、卑屈ラインまで下がらない程度に上手く謙る。この辺は多分社会生活を行っていく中で感覚を養って体得して行かなきゃならない技能だと思う。

しかしこのボーダーラインの位置は文化や言語によって随分ちがう、と思う。
だから一端文化の境界を越えると母国語において養ったボーダーラインのバランスが崩れて使い物にならなくなる。

単につい先日通訳をしたから、その事からのフィードバック何だけど。
つまりアメリカ人と日本人との会話の間に入って、日本語を英語に直した時。

アメリカからの「トモダチ作戦」の事への謝辞だったりとか、もちろん良いことだし、他にも色々あるんだけど、
ことさらこの「謝辞」だけを繰り返すと、アメリカ人側からの受け取り方としては
単純な謝意から「上目遣いの物乞い」的な方向へだんだんずれていく。

これは通訳されている人達には多分分からない。
発言から受ける印象の差異は同じ日本語を使っていてもおこる事象。
これは場合によっては再コンタクトで修正されたり色々補正される要素はあるんだけど
通訳を通しているとこれが中々行われない。フィードバックがどうしても通訳を会してのことになるので被直接的だから、なんだとおもう。

この辺のバランスは「とっても」難しい。

ただ日本人として通訳をしていて、また自分の意見で発言できない立場である為に余計、こんな会話を繰り返しているから相変わらず「占領国対属国」の関係を脱却できないのかもな・・・と思った。

特に「自信」というものを重視する文化の連中なんで、謙りすぎると自信のないやつに写る。
喋ってる当人はそんなとらえ方をされるなんて意識していないはずだし、通訳である以上それを言えないだけに中々歯がゆい。

仮にその事を伝えたところで随分憤慨するだろうし、多分理解されないだろう。
結局の所通訳を介さないでもある程度雰囲気だけでも認識できる人達にとって変わっていかないといけないんだろうな・・・と思っただけ。


生討論@GBM:謝辞

毎回アクセス数がじわじわと増えています。
何人だったか忘れてしまいましたが・・・・

100何十人かだったと思います。
おつきあいいただきありがとうございました。

それから現場に駆けつけてくださった皆さん。
ありがとうございます。

前回の輝津での討論会と時期が近いので色々かぶる部分もあって、web上の人達には繰り返しになった部分もあるかも知れません。
ちょっとこれから進行とか色々検討しなきゃならんなーと思ってます。

現場においては参加者の方々がかぶってないのでもちろん話はそれなりに盛り上がるんですけどね。
これもまた交通整理ももう少し必要かと思ってます。
ようは「司会進行役」をつけないとな〜という所。

やってみたい!という人がいれば是非ご一報を。ギャラは出せませんが現場の費用は弁償しても良いかな〜。

ともあれ、改めて皆さん
ありがとうございました。

m ( _ _ ) m

2012年4月4日水曜日

生討論第2弾@GBM:今夜8時から

さてされ先の生討論から舌の根も乾かぬうちに
今晩第2弾をGBMにて行います。

場所は
ここ

で、もちろんustream中継もやります。
アドレスは
http://www.ustream.tv/channel/takatora1


キャラッター君も再登板します。
twitter参戦は
#takatora

でよろしくです。